住まい・インテリア

2012年7月28日 (土)

ロンドン蚤の市「バローマーケット」

いよいよロンドンオリンピックが開幕しましたね!
イギリスの町中では、国旗がはためいていることでしょう。

さてさて、本日は土曜日なので、イギリス蚤の市のご紹介 ただここは、アンティークマーケットではなくて
食品専門のマーケット だから蚤の市という呼称は違っているのかな?

Img_214

案内の看板はウシの部位になってます
なんだか、おもしろ~い

Img_2127

行ったときは、女王陛下在位60周年記念で臨時休業の店がたくさん
でも、一部のガーデン式レストランの隅っこのほうとか
食料品やさんのウィンドウなどはみれました

保存食って、かわいい雑貨ディスプレーにもなっていいですよね

Img_2148

それでは暑くなりましたが
本日も楽しいオロンピック日和でありますように♪

http://calicoshop.com/

http://blog.calicoshop.com/

2012年6月23日 (土)

英国ビンテージの魅力「ホーンジー」

さてさて、本日よりストークから、ロンドンへ戻ります。
ストークからロンドンへは、鉄道の早割で11ポンド(約1.430円)
通常料金が38ポンドだったから、ネット通販もびっくりの破格の71%オフ!
イギリスって、割引の好きな国なんですね~
そんなディスカウント大国イギリスが私もだいすきさ~

ロンドンに戻るのは夜の9時頃となりましたが、あたりはまだ明るく
静かな午後の町並みが、なんともいえず素敵でした。
お洒落な街並みと、普段使いのティーセットの写真

Ln1

ロンドンへ行くまでの飛行機の中、映画チャンネルでメリルストリーブ主演の
「マーガレットサッチャー鉄の女」をやっていたんですけどね
1970年代初頭の風俗を描写する再現シーンの中で出てきたティーカップのセットが
上記の「ホーンジー」社の20世紀を代表する名作「ヘアルーム」シリーズ。
残念ながらこの会社、惜しまれつつ会社は2000年に解散してしまい
もうアンティーク市などでしか購入できない品となってしまいました。

直線的な幾何学文様と、特殊な釉薬が織りなすコントラストが魅力的です。

今回人気のティーカップに、新しくコーヒーポットも新入荷しました。
インテリアとして、そのまま飾って頂いても素敵ですが
非常にしっかりとしたお品ですので、まだまだ現役として活躍してくれそうです。

http://calicoshop.com/

http://blog.calicoshop.com/

2012年6月17日 (日)

イギリスへバーレイの器を見に行きました

ストークの、バーレイ工場から。
ブルー&ホワイト、キャリコ柄や、アジアティックフェザンツ柄の
美しい陶器たちが微笑んでいます。

まだまだ日本では扱われることが少なく、ネット通販以外では手に入れることが難しい
バーレイ食器(ご購入の際はお買い得なキャリコショップでお求め下さいね♪)
こんなに、一度に大量に見かけたのは始めてです!!!
感激しましたね!!!

大昔は、「アフタヌーンティー」でも取り扱いがあったはずですが、時代の流れに乗って(アフタヌーンティーが、イギリスっぽくなくなりましたね)いつの間にか消えてしまいました。現在は百貨店の催事を別として、バーレイ食器をお店で見かけることはほとんどないですから
もう、うれしくってね!飛び上がってしまいましたよ!

B2_2

下の写真はティーパーティーセット
こんな素敵なバーレイの器たちで、お茶の時間を楽しめたら
素敵ですね!
コレクションとして、少しづつ揃えてゆくと素敵です。

B3_3

それでは梅雨の合間の本日
大阪は今のところ晴れ
本日も素敵な日曜日でありますように

****************

インテリア雑貨のキャリコより
ショップサイト http://calicoshop.com/
ブログサイト http://blog.calicoshop.com/

その他のカテゴリー